『Blockle』最後にジェンガで遊んだのはいつですか?




ジェンガ。誰しも一度くらいはやったことのあるゲームだと思う。
ブロックを抜いて積み上げる。ただそれだけのゲームなのに、
やたらと白熱してしまうシンプルな魅力と思い出が有る。

とはいえ大人になってしまうと、わざわざ自宅にジェンガを置いておく人などおらず、
ましてや皆で集まって遊ぶときに用意するほどの物でもない。

そこで、ボイスチャットでたびたび集まって、友人と様々なゲームをオンラインで遊ぶような
方々に是非とも遊んでもらいたいのが、この「Blockle」というジェンガゲームだ。

皆でワイワイと遊ぶのが好きな人
子供の頃の遊びに関して良い思い出がある人
シンプルなゲームが好きな人
一人でじっくりと遊びたい人

いたって普通のジェンガ……?

「Blockle」はオンラインで遊べるジェンガゲームだ。
ぶっちゃけるとそれ以上でも以下でもない。

一部のユーザーに、ゲームが始まる前に落ちるという不具合が発生する。
その場合は、Steam上で起動せずに、Steamライブラリ→プロパティ→ローカルファイルを閲覧
から「Blockle.exe」を起動してみよう。
おそらくこれで無事に起動できる。

手番の人は積み上げられたジェンガから、一本ブロックを抜く。
抜いたものを積み上げても良いが、どうやら積み上げないルールを採用しているらしく、
一本のブロックを投げ捨てなければ手番が回らない。

ブロックを投げ捨ててから、次の手番の人がジェンガに触れるまでの間にタワーが倒れたら、
最後にジェンガに触れたプレイヤーの負け。その前のプレイヤーの勝ちだ。

抜いたブロックを積まなくても良いルールは珍しいが、それ以外は一見普通のジェンガである。
このジェンガの特徴を敢えて挙げるなら、物理演算から生まれる現実ではありえない状況だ。

平然と行われる超次元ジェンガ


例えば上画面は間違いなく1本のみの段は抜けない、と思う場面であるが

そぉい!


「勢いに任せてぶち抜く」という回答ができたり、

他にも、

そぉい!

どうしてそうなるのかのかわからない状況になったり、

さらにどうして成立しているのかわからない状況になったりする。

こういった物理演算特有の面白さは有るが、楽しみ方は皆の知っているジェンガそのものだ。
日本語サポートはされていないが、”HOST”や”JOIN”等、簡単な英語が分かれば何ら問題は無い。

普段小難しいシステムのゲームを遊ぶ友人たちと、たまにはこんなシンプルなゲームで遊ぶのは
いかがだろうか?