ジャンルはスタイリッシュ玉投げ『MEANDERS』




FPSがで何かを撃って壊したい、爽快なアクションやパズルを解いてスッキリしたい、けど対人でイライラしたり迷って詰むようなガチなものはやりたくない。

今回ご紹介する「MEANDERS」はそんな要望を叶える3Dプラットフォーム。パズルゲームながらパルクール要素によってカジュアルかつスピード感のある作品になっています。

どんなゲームかはトレーラーを見て頂くのが一番早いでしょう。テンションの高いドラムンベースに合わせて水上のマップを駆け回っています。実際のゲームプレイではもっと落ち着いた音楽が流れていますが、全体のノリはまさしく見たまんまな感じです。

本作には全40ステージが用意されており、始めは短く簡単なステージが続きますが、徐々に難易度が上がってきます。この難易度調整が上手くできていて、序盤はプレイヤーにシステムを理解させるチュートリアルを兼ねたステージ。そして慣れる頃には手応えのあるステージになるといったバランスになっています。

ステージ内には赤色のボールが設置されており、掴んで飛ばすことが出来ます。このボールを当てることによってギミックが作動し、仕掛けを解きつつゴール地点を目指すのが一連の流れ。

ボールはオブジェクトに当たるかステージの底に落ちた時点で消失し、元の台座に再度ポップする仕組みです。狙う対象は止まっているとは限らないので偏差撃ちをすることも必要になってきます。

それでも近くなら難なく当てることができますが、少し離れたものを狙うとなるとこれが結構難しい。ボールには重力が働いていて山なりに飛んでいくので、画面の中央に合わせて放てば当たるというほど甘くありません。

実際のところクリアだけを目指すなら、殆どが地面に固定されたオブジェクトに当てればゴールの道が解除されるので、AIMが苦手な人にもプレイできる仕様となっています。

大きな氷の柱にボールを当てると

赤色に変わって仕掛けが動く

ステージ内にはテレポートのゲートがあり、それぞれ別の場所へ移動することができます。もちろんボールだけ投げ込めばボールだけゲート先に飛んでいく。序盤こそ分かりやすい位置にテレポートしますが、後半になるにつれくぐったら突如空中に投げ出されたりと、瞬間的な判断も要求されます。

また、各所に設置されている大砲に乗り込めば、任意の場所に飛んでいくことができます。しかしこれもボールを投げる時と同様山なりに飛ぶので、やや狙いを高めに撃ったりと一筋縄ではいかないようになっています。

もっとも、本作には時間制限やゲームオーバーは無いので落ちたり間違えても特に問題はありません。ステージは広さで迷うようなものはなく、ゲーム自体のスピード感も高いので復帰までストレスがかからないのも良い点ですね。

パルクール要素としては、基本のジャンプの他にギミックを利用したバウンスやスライド等、結構アグレッシブな動きが可能。また、プレイヤー自身も2段ジャンプが可能でアクション性は高いです。

操作は複雑かと言うとそういうことは無く、プラットフォームらしくジャンプを応用した動きが殆どなので使うのは基本的なキーのみです。ただ、視点が目まぐるしく変わるので画面酔いしやすい方は少し注意かもしれません。

プレイ時間は3時間前後で全ステージクリアでき、セール時なら100円でお釣りが帰ってくる本作。ゲームも財布もお手軽にプレイできるので、サクッと爽快感を得たい時にプレイしてみてはいかがでしょうか。