「Neutron 3」は全ミックスめんどくさいDTMerへの救済ツール

とうとう来てしまった…Neutron 3が。

Neutron 2の時点で癖はあるものの、便利なプラグインで「あとはボリュームバランスも勝手に揃えてくれれば最高なんだけどなー」とか思ってました。

正直無理じゃん勝手にミックスしてくれるプラグインなんて。

トラックアシスタントの精度上げていくんだろうなって考えたら、Neutron 3で色々パワーアップして勝手にミックスしてくれるようになりました。

Neutronって何?

「Neutron」とはプラグインメーカーiZotope社によるミキシングツールです。

1つのプラグインの中にゲート、コンプ、EQ、エキサイター、トランジェントと、ミックスをする際に使う基本的ツールがまとまっています。

それぞれのツールは単体としてもかなり完成度が高く、UIもシンプルで非常に使い勝手がいいです。バイパス音と混ぜたりと痒いところにも手が届くので重宝してました。

何より特徴的なのはトラックアシスタントという機能で、これはトラックに合わせて最適なコンプやEQを判断して自動的に設定してくれるものです。

この機能がすごい画期的で、SNSなどでもかなり話題になりました。これまでにNeutron、Neutron 2と出ており、今回リリースされたのがNeutron 3となります。

Neutron 3の新機能

Neutron 3では新機能の追加とプラグイン全体のブラッシュアップがされました。

本記事では新機能の「Mix Assistant」「Sculptor」それぞれについて解説していきます。

AIによる自動ミックス機能「Mix Assistant」

Mix Assistantでは楽曲を再生するだけで全トラックのボリューム調整をAIが自動的にやってくれます。

フォーカスしたいトラックを選択したら、それを基準として勝手にミキシングされる仕組み。

これだけで完結できるかは曲調やトラック数にもよって結構変わってきそうですが、時間がなかったり、ミックスのアイデアを練る時にかなり便利そう。

個人的にはミックスの下準備として大雑把にまとめる使い方がメインになりそうです。

初心者はミックスのクオリティも上げられるし、練習にも使える。上級者はこれである程度まとめたあと自分好みに合わせて調節すれば作業時間を大幅に短縮できる。

使う人のスキルに関わらず安定したアウトプットができるのがすごく強いですね。

リアルタイムに音を彫刻する「Sculptor」

Sculptorではトラックアシスタントと連動し、リアルタイムで音を修正することができます。

具体的にはEQとマルチバンドコンプレッサーを入力された音声に合わせて、変化させることが可能です。

ドラムとかの音階の少ない楽器だと、コンプとかEQで狙う箇所はある程度決まってると思うんですが、ピアノなどの音階がある楽器は中々狙う箇所を絞るのが難しいです。

そんな時にSculptorを使うと音の変化に応じて、自動的に音を補正、修正してくれます。イメージとしてはGullfossに近いですね。(この間Gullfoss買ったばっかりだから辛い)

低域や高域をパスして中域のみにかけるって使い方もできるので、うまく処理できなかったり、飽和しやすい帯域のみSculptorに任せるって使い方もできます。

まとめ

ここまでNeutron 3の新機能や改善点について紹介してきました。

まとめとしては主に以下の4点です。

・AIによる自動ミックス機能「Mix Assistant」

・リアルタイムにサウンドを修正する「Sculptor」

・CPU使用率やパフォーマンスの大幅な改善

・UIやマスキングメーターなどヴィジュアル面の改善

今まで持ってなかった方は勿論、Neutron 2を愛用していた方にはかなりオススメです。

Neutron 3はRock oN Companyで取り扱っています↓

Neutron 3 Advanced ★Neutron 3 新発売記念キャンペーン!

Neutron 3 Standard ★Neutron 3 新発売記念キャンペーン!

Neutron 3 Elements ★Neutron 3 新発売記念キャンペーン!