心霊現象をしかけるドッキリTV番組に本物の殺人鬼が来る『スケア・キャンペーン』

つい最近「スケア・キャンペーン」ってホラー映画を見ました。

B級ホラー映画はよく見ますが、個人的に結構面白かったので紹介したいと思います。

ちなみに各映画レビューサイトの評価は以下のような感じです。(2019/03 時点)

Amazon:★★★☆☆評価3.1

Yahoo!映画:★★★☆☆評価3.3

Filmarks映画:★★★☆☆評価3.1  

あらすじ

ウソの心霊現象で出演者にドッキリを仕掛けて、隠しカメラで撮影する人気TV番組「スケアキャンペーン」しかし、最近はネット動画投稿サイトの過激な映像に押され気味で、人気も落ち目になってきた。

かつての視聴率を取り戻すため、プロデューサーの命令でスタッフは大掛かりなドッキリを企画する。それは廃墟となった病院を舞台にし、迷い込んできた一般人を恐怖のどん底に陥れるというもの。

撮影の準備が完了したところでターゲットとなる一般人の男がやってくる。だが、どことなく男の様子がおかしい。

なんとその男は殺人鬼だったのだ!何とかして逃げようと試みるが、無残に殺されていくスタッフたち。しかし、物語はこれで終わらない。

スケア・キャンペーンを観た感想

レビューサイトの評価は星3前後と可もなく不可もなくってところですが、自分も評価するとしたら星3くらいです。

序盤から中盤にかけてはテンポよく進み、映画自体も80分なのでだれずに観れますが、ストーリーのオチが途中で読めてしまったのが残念な感じ。

作品が「ドッキリ」をテーマにしているので、もっと展開がどんでん返しがある内容だったらよかったですね。意外性に期待をして観ると肩透かし食らうかもしれません。レビューで減点される要因も多分この辺なんじゃないかなあ。

ジャンルはホラーですが、ビックリやスプラッタ要素もそこまで激しくは無いです。終盤とかは演出が結構雑で、人によってはギャグに見えるかも。

ラストはネタバレになるので伏せますが、全部スッキリって感じではなく、余韻と言うか視聴者に判断を委ねるタイプの終わり方なので、そういうのが嫌いな方は注意です。

色々と粗があるものの題材は好きなので、個人的にはそこそこ楽しめました。

プライム会員なら無料で視聴できるので気になった方は是非。